男性よりも毛深い私なりのムダ毛処理方法とは

とにかく物心付いた幼少の時から、私は他の子達と違って、まるで猿の様に腕も脚のムダ毛がボーボーだなと自覚しました。

幼稚園に上がってから特に夏場は男子からムダ毛のことでからかわれてきました。そんなコンプレックスを抱えていたことから、中学に上がる前ぐらいからムダ毛処理を始めたのでした。

ムダ毛処理の方法は色々

いざムダ毛処理を始めようと思っても、その処理の仕方も様々あります。
お手軽なのは、剃刀や電気シェーバーや毛抜き、除毛クリームや脱毛テープ、脱色剤や抑毛剤等ですね。

当時は知識もあまり無くお金も無かったので、親の剃刀を借りてお風呂の時にムダ毛を丁寧に剃っていました。
ですが、うっかりお肌を切って傷付けてしまうことがあったので、誕生日プレゼントに電気シェーバーを親に買ってもらいました。

電気シェーバーは剃刀と違って皮膚を切る心配もありませんし、安全でいつでも気軽に処理が出来ます。
ただ、脱毛しているわけではないので、朝処理をしても夕方にはチクチクと私の剛毛なムダ毛が生えてきてしまうのがデメリットです。

温泉旅行など、毎日ムダ毛処理が出来ない場合には事前に、除毛クリームで処理したことがあります。

確かに電気シェーバーよりはすべすべ肌がしばらくはキープ出来たのですが、薬剤の臭いがキツめの物が多く、手間もかかりお肌への負担もありました。

酷い時には湿疹や蕁麻疹が出てきてリピ出来ませんでした。

長年ムダ毛と付き合ってわかった最善策とは

腕や脚よりも脇毛が黒ゴマ状態になるのが嫌でしたので、お肌への負担がかなりかかると知っていても、真夏の頃は毛抜きで一本一本抜いていました。

ですが、肌荒れを起こしてしまったので、やっぱり安全な電気シェーバーで剃ってから、抑毛効果のあるトリートメントをしっかりと塗って、ムダ毛の成長を遅らせる様にしています。

効果はまだ分かりませんが、肌荒れせず、すべすべ肌になってきました。
本当は時間とお金があれば脱毛サロンで処理したいのですが、それが難しいので一番安全且つ簡単な電気シェーバーを選びました。

痛みを減らす事を意識した脱毛サロンの施術内容

レーザーを照射してムダ毛を抜く際には、強い痛みが起きるという思い込みを無くしてもらうために、脱毛サロンは様々な工夫を凝らしています。
まずレーザーを照射する機器自体にこだわり、ムダ毛の根元にだけ熱を加えられる機器を使っていると、自らアピールするサロンは信頼度が高いです。
表皮に対するダメージを抑えやすくなるだけでなく、脱毛時の熱の発生量を抑えられるために、痛みを軽減する事ができます。
そして施術を受けた後に起きる痛みを、極力抑える事を意識している脱毛サロンでは、冷却機器の性能について伝えている事が多いです。
レーザー照射で発生した毛穴の熱を、即座に冷やす事によって痛みを減らしてくれる、冷却機器の性能にこだわるサロンが増えています。
瞬時に皮膚を冷やせるために、熱による痛みも感じずにレーザー脱毛を終える事も可能にする、重要な機器の一つだという事を意識しましょう。
脱毛サロンの公式ウェブサイトに記されている施術内容の説明の中に、冷却機器の型番まで公開している店舗はとても信頼できます。
その冷却機器の製品名を調べる事によって、年代が新しい機器なのか確かめる事も簡単に済ませられるためです。
あまりにも古い冷却機器を使っているサロンを除けておく事が、施術内容に満足できるか分かれるポイントになる場合もあります。
人によって皮膚の熱に対する強さは違ってきますから、熱さを我慢すれば良いだけとは考えないようにしましょう。